彼女らの見分け方については、ちょっとした点に注意をすると概ね見分けられます!

>

相手を利用するのも手

その存在は必要悪とも呼べるのでは

必要悪というのは、道徳的や法律的に悪しき部類と思われても、それがないことでより悪い状態になることをいいます。
薬やお酒などもそういう意味では必要悪といわれ、薬は別の解釈では毒ですが適量と効能を最適にするととても役に立つものになります。
お酒なども依存症や大量摂取で死の危険性まであるが、やはり適量であれば良い効果が得られます。

サクラは、テレクラにとって必要悪という要素も同様に持ち合わせた存在なのです。
一般女性だけでは、どうしてもテレクラにかかってくる電話本数は少ないときや全くかからない時間帯もあります。
このような隙間を埋めるのもサクラのお仕事ですから、あそこのテレクラはいつでも電話が鳴っているから会話ができて良いという口コミにつながるわけです。

逆にサクラを多用しすぎれば、あのテレクラはサクラばかりで一般女性はいないよって、逆効果にもなります。

サクラの存在と上手につき合い楽しむ

テレクラに限らずサクラはどこにでも存在します。
特に出会い系やツーショットダイヤルなどでは、その存在が特にクローズアップされています。
直接話すテレクラなどはサクラでも女性であることは確認できますが、出会い系サイトなど文字だけのコミュニケーションでは女性を演じている男性が相手をしていたりするので、これこそ詐欺だと感じることでしょう。

その点、直接話すテレクラは女性であることは確かになります。
会いたいという目的であれば、サクラの特徴を知ってうまく対処することで一般女性との会話へつなげて出会いができる可能性もでてきます。

こんな話しも実際にありました。
サクラの人が電話相手と話して意気投合して実際に会うことがあったり、プライベートの連絡先交換をするケースがありました。
「ミイラ取りがミイラになった」結果です。

彼女らもアルバイト、一般女性でもあります。
サクラを見極め一般の女性と出会って欲しいと思います。