テレクラのサクラを見抜くポイント

彼女らの見分け方については、ちょっとした点に注意をすると概ね見分けられます!

本質を知って対処対応をすることが大切

昔から存在していて、商売の手助けにもなり、その逆もあるのです。 そう考えるとサクラは必ずしも悪ではなく、時として必要悪というニュアンスで捉えられることもできるのです。 ただ、テレクラやツーショット、出会いサイトなどではサクラは利用者に負担増をさせるための手段になります。

目的を知れば見分けられる

男性が会話をしていく中で目的に向かおうとしますが、サクラはその目的に対して話しをそらしていきます。 話しの核心に触れないように、また、明確な答えを避けるような感じになります。 このような内容になるとサクラの可能性がでてきます。 とにかく話を延ばして時間稼ぎをしますから、一考に話しが進まない感じになります。

相手を利用するのも手

彼女(サクラ)らも雇われています。 素人女性だと偽っていても、本質は女性ですから話す内容も相手の話に合わせながら、彼女自身の本音も話しに織りまぜてきます(全て作り話では続きません)。 男性の利用者は、最初からサクラ女性を意識せず話して楽しむことを目的にしている人もいるのです。

特に多くサクラが存在するところ、それはこんな所です!

サクラの意味はと聞かれたら感覚的に分かりますが正確に答えられないのではと思います。
サクラは、江戸時代の歌舞伎で客に紛れて見せ場で役者にかけ声をかけ、その場を盛り上げる者をそう呼んだそうです(歌舞伎が無料観賞できる)。
仕込み客、偽客をサクラとして広まったのは明治の頃からです。
サクラは商売をする上でのその場の盛り上げ役だったり、客を装って一般客を誘導したり、購買欲を駆り立てたりするために雇われた者がサクラということになります。

さて、テレクラでいうサクラとはこの定義で考えるとどうなるか?
ズバリ、電話をテレクラにかけてくる素人の振りをした女性をサクラと呼び、テレクラ経営側が雇っているのです。
実際に何をするのか、それは電話をかけてきて男性客と話しをするのですが、その話しをする時間を延ばすことがサクラの役目となるのです。
時間を延ばすことでテレクラの利用時間は延長され、追加料金が発生し店の儲けとなるという仕組みです。
そのサクラ役もしっかりバイトで求人しています。

目的は会話をして時間を延ばすことなので、ベテランになるとかなり話しも上手ですから、ついついサクラ女性の話にのせられて延々と会話を続けてしまうことになったりします。
話しが上手だということは、会話をしていて面白いと感じるし相手の男性の興味を引き立てつつ核心に触れないように話し続けるのです。
気がつくと時間延長という結果になります。
テレクラは概ね最初に時間コースで料金を支払いますが、その時間を延長する場合、30分単位で追加料金ということが多いようです。

サクラは男性に対して素人女性と偽って話しをしますが、テレクラを利用する男性の目的によって散在価値が変わってきます。
会うことが目的だと、サクラが相手では先ず会うことは叶いません。
それ以外、女性との会話目的で利用するのであれば相手としては都合が良いとことになります。
話し上手ですから・・・。